バンタンデザイン研究所のデザイン学部の特徴

日本には、アートディレクターになることを夢見て、専門学校に通う学生が少なくありません。
デザインを学んでいる学生にとって、アートディレクターは憧れの職業なのです。
アートディレクターになるためには、デザイナーとしてある程度の実務経験が必要になります。
そして、デザイナーとしての実力を磨くためには、しっかりとした基礎が必要なのです。
デザイナーとしての基礎を磨く場所が、デザインの専門学校です。
デザインの専門学校として、業界でも高い評価を受けているのが、バンタンデザイン研究所です。
バンタンデザイン研究所は、長い間、デザインやアイデアなどの創造性を磨く授業を行っています。
そのおかげで、入学した生徒は、クリエイティブ業界で最も必要となる創造性を身につけて巣立つことができるのです。
センスや創造性というのは、トレーニングすることで磨かれていきます。
1965年の創業以来、型破りと言われる授業を実現してきたバンタンデザイン研究所は、アイデアを出して企画を行うディレクターとなる人材を育て続けているのです。


バンタンデザイン研究所の講師は、各業界で活躍している一流のプロフェッショナルです。
授業の講師すべてが現役のプロなので、実際の現場で使われている最新の技術や知識を、一流の講師から直接学ぶことができるのです。
バンタンデザイン研究所では、ひとりひとりの個性を大切にしています。
そのため、必要なことを個別に指導することができる少人数クラス制を採用しているのです。
バンタンデザイン研究所には、様々な学部がありますが、デザイン学部は人気の学部のひとつです。
デザイン学部は、デザインとコミュニケーションのプロフェッショナルを育成するための学部です。
デザインのプロを目指す人のための、様々なカリキュラムが組まれています。
在学中から、実践的な経験を積むことを目的にして、プロの現場で実技実習を行うことができるプロジェクトを豊富に実施しています。