東京デザインプレックス研究所の雑誌編集&デザイン専攻の特徴

将来、様々な分野でクリエイターとして活躍したいと考えている若者は少なくありません。
最近は、雑誌編集者も人気が高い職業です。
雑誌編集者は、書籍や雑誌、漫画などを企画して制作する職業です。
出版社に就職した場合、企画や取材、記事の編集などが主な仕事となります。
ただ、編集者の仕事内容は、勤務先によっても異なります。
雑誌編集者になるには、出版社や編集プロダクションに就職する方法が一般的です。
ただ、とても人気がある職業なので、大手出版社の採用試験は、倍率が非常に高いです。
編集プロダクションの場合は、センスや熱意があれば、学歴がなくても才能があれば働けるところも少なくありません。
編集プロダクションで実力を磨いてから、フリーランスになる人も多いです。
ここ数年で、雑誌編集を学べる学校も増えています。
東京デザインプレックス研究所には、雑誌編集者を育成するコースがあり人気を博しています。
雑誌編集と雑誌ライティングの基礎から、現場に即対応できる実践スキルを身につけることができます。
ビジュアルに強い編集者を目指すのが、東京デザインプレックス研究所の該当コースの特徴です。
DTPデザイン編集も基礎から実践レベルまで学ぶことができます。
フリーペーパー制作では、企画から取材、ライティング、編集、写真、印刷までを実践することができます。
必修コースでは、雑誌の企画や取材、ライティング、校正、編集を、基礎のレベルから実践レベルまで習得します。
コミュニケーションデザインやコンセプトデザインを学ぶプレックスプログラムを、無料で受講できるのも大きな魅力のひとつです。
即戦力としての雑誌編集者や雑誌ライターを目指すことができるカリキュラムが組まれており、効率良く雑誌編集者としての勉強を行うことができます。
東京デザインプレックス研究所は、サポートシステムも充実しており、様々なスキルアップサポートが用意されています。
そのため、安心して授業を受けることができるのです。