東京デザインプレックス研究所の雑誌編集&デザイン専攻の特徴

将来、様々な分野でクリエイターとして活躍したいと考えている若者は少なくありません。
最近は、雑誌編集者も人気が高い職業です。
雑誌編集者は、書籍や雑誌、漫画などを企画して制作する職業です。
出版社に就職した場合、企画や取材、記事の編集などが主な仕事となります。
ただ、編集者の仕事内容は、勤務先によっても異なります。
雑誌編集者になるには、出版社や編集プロダクションに就職する方法が一般的です。
ただ、とても人気がある職業なので、大手出版社の採用試験は、倍率が非常に高いです。
編集プロダクションの場合は、センスや熱意があれば、学歴がなくても才能があれば働けるところも少なくありません。
編集プロダクションで実力を磨いてから、フリーランスになる人も多いです。
ここ数年で、雑誌編集を学べる学校も増えています。
東京デザインプレックス研究所には、雑誌編集者を育成するコースがあり人気を博しています。
雑誌編集と雑誌ライティングの基礎から、現場に即対応できる実践スキルを身につけることができます。
ビジュアルに強い編集者を目指すのが、東京デザインプレックス研究所の該当コースの特徴です。
DTPデザイン編集も基礎から実践レベルまで学ぶことができます。
フリーペーパー制作では、企画から取材、ライティング、編集、写真、印刷までを実践することができます。
必修コースでは、雑誌の企画や取材、ライティング、校正、編集を、基礎のレベルから実践レベルまで習得します。
コミュニケーションデザインやコンセプトデザインを学ぶプレックスプログラムを、無料で受講できるのも大きな魅力のひとつです。
即戦力としての雑誌編集者や雑誌ライターを目指すことができるカリキュラムが組まれており、効率良く雑誌編集者としての勉強を行うことができます。
東京デザインプレックス研究所は、サポートシステムも充実しており、様々なスキルアップサポートが用意されています。
そのため、安心して授業を受けることができるのです。
モットン店舗

バンタンデザイン研究所のデザイン学部の特徴

日本には、アートディレクターになることを夢見て、専門学校に通う学生が少なくありません。
デザインを学んでいる学生にとって、アートディレクターは憧れの職業なのです。
アートディレクターになるためには、デザイナーとしてある程度の実務経験が必要になります。
そして、デザイナーとしての実力を磨くためには、しっかりとした基礎が必要なのです。
デザイナーとしての基礎を磨く場所が、デザインの専門学校です。
デザインの専門学校として、業界でも高い評価を受けているのが、バンタンデザイン研究所です。
バンタンデザイン研究所は、長い間、デザインやアイデアなどの創造性を磨く授業を行っています。


そのおかげで、入学した生徒は、クリエイティブ業界で最も必要となる創造性を身につけて巣立つことができるのです。
センスや創造性というのは、トレーニングすることで磨かれていきます。
1965年の創業以来、型破りと言われる授業を実現してきたバンタンデザイン研究所は、アイデアを出して企画を行うディレクターとなる人材を育て続けているのです。
バンタンデザイン研究所の講師は、各業界で活躍している一流のプロフェッショナルです。
授業の講師すべてが現役のプロなので、実際の現場で使われている最新の技術や知識を、一流の講師から直接学ぶことができるのです。
バンタンデザイン研究所では、ひとりひとりの個性を大切にしています。
そのため、必要なことを個別に指導することができる少人数クラス制を採用しているのです。
バンタンデザイン研究所には、様々な学部がありますが、デザイン学部は人気の学部のひとつです。
デザイン学部は、デザインとコミュニケーションのプロフェッショナルを育成するための学部です。
デザインのプロを目指す人のための、様々なカリキュラムが組まれています。
在学中から、実践的な経験を積むことを目的にして、プロの現場で実技実習を行うことができるプロジェクトを豊富に実施しています。

デザイン(デザイン力,画像加工技術)

私たちの日常は全てにおいて「デザイン」と無縁ではありません。今回は自然の美や遺伝子といったものではなく、人口的に作られた視覚に訴える表現に限定してお話しします。視覚から受け取る情報は大雑把に絵と文字の2つに分けて考えて良いでしょう。色の塊と名前のあるものという風に認識されると言っても構いません。同じものを見ても、大人と子供では持っている情報量の差から全く違う認識をすることは多々ある事です。そこで登場するのが「デザイン」です。受け取り方の自由なアートと違い、デザインとは「伝達したい情報を整理して見やすくする表現および技術」と言えましょう。

情報を的確に表現する能力を仮に「デザイン力」と呼ぶならば、必要な情報を整理し分かりやすく再構成する能力ということになります。デザイナーは必要に応じて情報を取捨選択し機能的にまとめ上げる職人であり、その技術に応じて優れたデザインは生み出されるのです。一例を挙げるとピクトグラムは非常口や禁煙などが文字が読めなくても一目で理解できるようにアイコン化されています。情報量が増えれば文字や画像が入りさらに複雑な構成になるため、文章部分はブロック分けをしたうえで見出しのフォントを大きくして読みやすくしたり、全体のまとまりを良くして視線の流れをスムーズにするといったデザイナーによる作業が必要となります。

イラストや写真を使う際には配置や色使いに気を配り余白を生かして全体のバランスが取れるようにします。ロゴやアイコン作り、写真のトリミングやレタッチなど、デザイナーには画像加工技術も必須です。よく使われるillustratorやphotoshopといった画像編集ソフトのおかげで、従来よりデザインの幅が大きく広がり加工も簡単にできるようになりました。現代では印刷物のみではなくWebデザインの需要も大変多いため、デザイナーにはより多くの新しい知識と技術が求められていると言えるでしょう。